『中村勘三郎』という名のメガネフレームです!

歌舞伎界を代表する18代目中村勘三郎さんとブランドコンセプト

日本を象徴する伝統芸能一家で、400年の歴史を持つ中村家。

18代目の勘三郎さんは、過去の伝統をとても大切にされるだけ
ではなく、『歌舞伎』という伝統の世界にいながら常に新しい
価値観を積極的に取り入れ融合させる挑戦者だったそうです。

そのようないわゆる「チャレンジ」という精神。



その本人の価値観を大切に受け継ぎ、日本の伝統的な
匠の技術と高品質素材を基本に新たな価値を創造させる
最高級の逸品をご提供するアイウェアブランドです。



不思議なほどに心地良い装用感は、
実際に掛けて頂かないことには何も伝わりません。 


自然の持つ風合い、熟練の眼鏡職人の
あたたかみに触れて頂きたいです!  ぜひ、店頭ディスプレイでご確認下さい!

ツイートする